がっこうちょうより

学校長より

           
  創立41年目、新たなスタートとして



                        校 長  仲澤 政行

島小の校歌には、「日ごと花咲く、つゆくさの、清さ、根強さ、持つわれら」という歌詞があり、学校の花は、「つゆくさ」です。歌詞のようにやさしく、強く育ってほしいという願いから、帽子の色も「つゆくさ」色です。

本校では、「みんないきいき、みんなわくわく、笑顔の島小学校」を合言葉に教育活動を展開しています。 

毎日の生活の中で、子どもたちに、思いやりの心や感動する心、協力する心など、豊かな心を培うとともに、毎日の授業を工夫してわかる喜びや達成感をもたせ、自分で考え、判断する力や自分の思いを表現する力を身に着け、心も体も健康な子どもたちをはぐくんでまいります。 

それには、「笑顔」が何より大切です。子どもたちは、心も体も健やかに成長していれば、自然と笑顔になります。また、笑顔は、周りの人の心を和ませます。笑顔が笑顔を呼び、島小を、一層、みんないきいき、みんなわくわくの笑顔が素敵な子であふれる学校にしていきたいと思います。 

さらに、思いやりの心を伸ばすために、「注意されたら、ありがとう」を目標に、注意する方は、相手の気持ちになって注意をする。注意された方は、素直な気持ちで注意を受け入れる。お互いの気持ちを尊重しつつ、高め合う取組を授業、学校生活を通して行っていきたいと考えています。

 今年は、創立41年目になります。40年間の島小学校の歴史の重みを感じつつ、教職員一丸となって、新たな歴史を作っていく覚悟であります。保護者、地域の皆様の力をお借りしながら、さらに充実した教育活動を展開してまいりたいと思います。

平成29年4月


【学校の教育目標】

   思いやりのある子

   考える子

   元気な子


島小学校 H29年度 グランドデザイン
         ↑ クリックすると見ることができます。